洗い方にもコツがある!

MENU

洗い方のコツ

皮膚科や美容外科の医師に「正しい洗顔ってなんですか?」と聞いたとします。
100人聞けば、100人違う答えが返ってくるでしょう。
ですが、必ずいえることは「肌に負担をかけない洗い方が正しい」ということ。

 

洗い方のコツとしては必ず以下のことを守ってください。

  • ごしごし洗わないこと
  • 洗顔料をつけすぎないこと
  • 肌に直接手が当たらないこと
  • 自己流の洗い方ばかりしないこと
  • 自分の洗い方が正しいと過信しないこと

以上5つのことを注意すれば、おのずと正しい洗顔方法となるはずです。

 

ちなみに、「洗顔方法でやってはいけないこと」も合わせてお伝えいたしますね。

 

洗顔方法でやってはいけないこと

 

熱めのお湯と冷水で洗っている

高い温度で洗顔すると、過剰に皮脂をとられてしまっていたり、熱いお湯自体が刺激となってしまって、乾燥肌などの原因になることや、また、洗顔の最後にお肌を引き締めようと冷水ですすぐことは、赤ら顔や乾燥肌の原因になりかねません。冷水ですすぐと毛穴が引き締まる感じがするのは、すすいだ後の30分くらいのことで、一時的な効果のものです。毛穴はふさがるのではなく、急激な冷たさにより毛穴が縮むのです。洗顔料が刺激の少ないものを使って、いくら丁寧に洗顔していても、洗顔温度により肌に刺激を受けてしまっては意味がありません。洗顔の適温は、30℃から32℃くらいで、手でさわると少し冷たいかなと思うくらいが丁度いいのです。

 

「ゴシゴシ」の刺激を受ける

洗顔の際、指でゴシゴシ洗うと角質層を傷つけてしまい、乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。角質層は、厚さが0.02mmしかなく、とてもデリケートなものなので、摩擦で洗うのではなくて泡で汚れを落とすことが基本となります。泡を立てるのに泡立てネットを使用すると、水をほとんど使わずにモコモコと泡立てることができますが、モコモコに見えても適量の水分が含まれていない場合は、洗顔料の濃度が高いまま洗っていることになるので、お肌に刺激を与えてしまっていたり、また、泡の量が少ない場合は、洗う時の摩擦が強くなってしまいますので、泡立てネットを使用する場合は、水をたくさん含めて泡立ててください。髪の生え際やフェイスラインなどに、泡が付いたままになっていることも刺激になってしまうのでよくすすぎ、洗顔後にタオルで拭くときは、洗顔時より摩擦を与えやすいため、最後まで気を使わないといけません。ゴシゴシと拭くのではなく押し当てるように拭き、タオルの素材もゴワゴワやケバケバの硬いタオルではなく、柔らかく弾力のあるフワッとしたものを使ってください。

 

洗顔のやりすぎに注意

洗顔時間が長いことは、肌に洗顔料が付着している時間や洗っている時間が長いことになり、刺激や摩擦が多くなってしまうので、乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。洗顔料はあくまでも洗浄剤ですので、1回の洗顔時間はクレンジングと同じで、1分から1分半くらいで終わらせるようにします。また、お肌の皮脂が気になり、1日に何回も洗顔しては、反って皮脂が増えることになります。お肌には、ある程度の脂分が必要なのに何度も洗ってしまうと、脂が失われて肌が乾燥し、その乾燥を肌は防ごうとして、逆に脂をたくさん分泌してしまうので、皮脂を落とそうとしていた洗顔が、反ってオイリー肌になってしまいます。また、ニキビができた場合、いつもより清潔にしようと強めに洗ってしまうことも、刺激や摩擦が多くなるので反って、ニキビが治りにくくなってしまうケースもあります。ニキビを治すには、洗顔は大事ですが、もっともニキビの生成を強く促すものは、男性ホルモンと乾燥による肌バリアが機能しないことが原因なので、生活習慣や睡眠、ストレスなどを見直しましょう。

 

 

などなど。
洗顔方法でのやってはいけないことも合わせて知っておくと、あらかじめ注意ができるので、よろしければご参考になさってくださいね。

 

 

さて、話を戻しますが、洗い方のコツで最も重要なことは「手の動き」です。
たとえば頬はくるくると手を回すようにして洗っていきますが、目の周りや口元は更に細かくくるくると回しながら洗っていきます。Tゾーンは上下左右にこするのではなく優しくなでるように洗うこと汚れをしっかり落とすぞ〜!!なんて勢いで洗うのは間違いですから必ず肌をいたわるように洗うことがポイントです。

洗顔料によるトラブルに注意

デリケートな肌である顔を洗うための洗顔料には皮膚トラブルが起こるという特徴があります。界面活性剤はどの洗顔料にも含まれていますがこれはよく悪者扱いされるように、肌にとって良いものではありません。そこで、正しい洗顔をしていれば実際に界面活性剤によってトラブルが起こることはないものの間違った洗顔をするからこそ洗顔料によってトラブルが起こってしまうのです。

 

以下の症状には注意して下さい。

  • 洗い上がりにつっぱる感じがある
  • 乾燥しているような気がする
  • ヒリヒリとした痛みがあるような気がする
  • 赤みが出ている

界面活性剤が含まれる洗顔料には、香料や防腐剤などの添加物が含まれていることが多いでしょう。パラペンなどの有名な防腐剤は特に、アレルギーを引き起こす物質です。防腐剤としてよく洗顔料に使用されていますがそういった添加物や界面活性剤の入っていない洗顔料を選ぶことも大切。
私が使用しているファーストクラッシュにはそういった成分が入っていないので安心です。

 

成分にも気を配って開発されてるケアコスメをお探しであれば、おすすめですよ!

 

 〉〉【安心の30日間返金保証付です】ファーストクラッシュの購入先を見る

関連ページ

洗顔効果を高める方法
洗顔効果を10倍にアップさせるコツをご紹介します!まずは「洗顔効果を高める方法とは?」実は意外な方法がありました・・?!これであなたも今日から「洗顔美人」♪♪いち早く取り入れて洗顔効果を10倍に高めちゃいましょう!
正しい洗顔方法とは?
洗顔効果を10倍にアップさせるコツをご紹介します!まず基本的な正しい洗顔方法とは?あなたの洗顔、間違っていませんか?洗顔効果を高めるには正しい洗顔方法を知る必要があります!いち早く取り入れて洗顔効果を10倍に高めちゃいましょう!
食生活で気を付けたいこと
洗顔効果を10倍にアップさせるコツをご紹介します!洗顔の効果を高めたいのなら食生活にも注意しましょう!肌は食事から得る栄養の影響を大きく受けています!♪いち早く取り入れて洗顔効果を10倍に高めちゃいましょう!
洗顔効果が高まる栄養素
洗顔効果を10倍にアップさせるコツをご紹介します!洗顔効果が高まる栄養を普段から取り入れましょう!その為にはサプリメントや健康食品を取り入れるのも良し!♪いち早く取り入れて洗顔効果を10倍に高めちゃいましょう!
生活習慣で気を付けたいこと
洗顔効果を10倍にアップさせるコツをご紹介します!生活習慣の中では気を付けなければいけないことがたくさんある!怠るとすぐにニキビが・・・♪いち早く取り入れて洗顔効果を10倍に高めちゃいましょう!
睡眠によって洗顔効果が変わる!
洗顔効果を10倍にアップさせるコツをご紹介します!!睡眠はニキビに大きな影響を与えています!睡眠によって洗顔効果が変わることもあるんです♪いち早く取り入れて洗顔効果を10倍に高めちゃいましょう!
朝洗顔の基本的なこと
洗顔効果を10倍にアップさせるコツをご紹介します!!みなさん朝洗顔していますか?朝洗顔は洗顔を使ったほうが良いのか?それとも水洗顔が良いのか?♪いち早く取り入れて洗顔効果を10倍に高めちゃいましょう!
音波洗顔ブラシは効果あるのか
洗顔効果を10倍にアップさせるコツをご紹介します!!音波洗顔ブラシって知ってますか?これなら洗顔効果をすぐに高められる♪いち早く取り入れて洗顔効果を10倍に高めちゃいましょう!